氷柱期間中にワークショップを実施します!

秩父の氷柱期間中のワークショップのためのプレで作成した子どもが作ったレジンの氷柱たち

秩父地域には、3大氷柱というのがあります。
その中の1つ、「あしがくぼの氷柱」をやっている横瀬町の道の駅あしがくぼで氷柱のワークショップを行います。

ワークショップ内容

2種類用意しています!

1,氷柱キーホルダー作り

透明なレジンを使って、氷柱作り!
氷柱の型をいくつか用意しているので、そこにレジン液を流し込んで、好きな色を入れて混ぜて固めるだけ!たった一つのオリジナルキーホルダー(ストラップ)が作れるよ!つくる時間は、大きさにもよるけどだいたい15分。
実際の氷柱を見て、オリジナルキーホルダーをお土産に帰ろう!

2023.12.22 Nazelabの小学生たちと試作してみました。
小学1年生の男の子も上手に作れていました。
小学2~3年生の女の子は黙々と集中して作っていきます。

   

    

 

同じものは1つとしてなくて、その子の思いや想像、そして偶然がきれいな氷柱を作り出します。

2,氷の発掘体験!

キーホルダーだけでなく、実際の氷にも触れて見てほしい!という思いと11月にNatureSitterで「はじめてのトントン」というトンカチ入門遊びを行ったことから、『氷の発掘体験』を思いつきました。
小さなトンカチと小さなマイナスドライバーを使って、氷に傷をつけて、中にはいっているものを取り出す遊びです。中に入れるものについて、3週間ほど悩んだのですがご縁があって、殻付きアーモンドを秩父ファームステイさんからいただけることになったので、氷の中に入れて凍らせようと思っています♡
秩父ファームステイさんでは、アーモンドの栽培も行っていてそちらから譲っていただきました。
『生アーモンド』を食べたことない人?✋
ほんとーーーーーーーーーーーーーーーーーうに美味しいので、是非体験してみてください。
こちらのアーモンドは生で食べても安心な「ダベイ」という日本でもかなり珍しい品種です。
発掘体験の試作品をこれからつくる予定なので、作ったらアップします。

作成しました!こちらが氷柱ワークショップで行う、氷の発掘体験用のアーモンド入り氷です。

氷柱期間

2024/01/06~の予定13日に変更になりました!です。どうしても自然の寒さを利用するものなので、氷ができるのが遅いとすこしズレて開催する可能性があります。氷柱期間に合わせてワークショップを行うため、変更になる可能性があります。
今年は、年末年始が暖かい予報になっているんので、スタートが遅くなる可能性大です💦
最新情報はNatureSitterのSNSで発信していきますので、フォローして情報を確認してください。

氷柱ワークショップについての最新情報はこちら

料金

横瀬町の地域おこし協力隊として、無料で行う可能性が大です。
ただ、無料で提供するクオリティではないので(準備や材料費がかなりかかっています。)
有料になる場合もあります。その場合も、多分破格での提供となります。
作っているところや体験した様子を写真に収めさせていただき、SNSやHPに写真を使用したいと打診することもあると思いますがその時には、快く引き受けていただけると私もとても嬉しいので、ご協力お願いします!

終了日

氷柱期間が終了するタイミング2024/02/25 または、材料が尽きてしまった場合は、早めに終了することがあります。

ワークショップ時間と日程

氷柱期間中の土日にワークショップを行います。
平日は、行っていませんので、ご注意ください。
毎週土日 10時~17時(予定)です。
私自身、氷柱期間中のワークショップは初めてなので、多々変更があるかもしれません。
また、1/27と28は別の予定が入っているため、ワークショップは行いませんのでご了承ください。
最新情報はこちらをご覧ください。

氷柱ワークショップについての最新情報はこちら

最後に

皆さんにお会いできることを楽しみにしています!
秩父に来た際には是非足を運んで、秩父でしか楽しめない経験をしていってください。

PAGE TOP

Warning: Undefined array key "show_google_top" in /home/naturesitter/nature-sitter.com/public_html/wp-content/themes/birth_tcd057/footer.php on line 168

Warning: Undefined array key "show_google_btm" in /home/naturesitter/nature-sitter.com/public_html/wp-content/themes/birth_tcd057/footer.php on line 168